Twitter

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
287位
アクセスランキングを見る>>

屈折領域・裏鏡


一次・二次創作を扱っています。現在ネギま!×Fate「夢破れし英雄」連載中。

TOP > スポンサー広告 > 雑記24TOP > 雑記 > 雑記24

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記24


あけまして、おめでとうございます。
今年も屈折領域をよろしくお願いします。
今年は更新ペースが落ちてしまうと思いますが……ちゃんと完結させますので、気長に待っていただけると嬉しいです。
就活関連のごたごたを片付けて、一刻も早く執筆時間を取れるように頑張りますので。

取り敢えず、今年の目標は第一部・完です。
去年の一年では30話ちょい書いてエヴァ編+修学旅行をかけているので、執筆ペースを守れれば楽な目標になるのですが……まぁ、夏休みに期待しててください。 さて、近況報告とか。

くどわふたーっておいっ!
マジですかマジですか俺鈴の方が好きというか佳奈多の方が好きで沙耶とか最高だよねと思いつつ佐々美も捨てがたいなとか。
つまりあんまりロリ系は好きじゃないんですが。ツンデレとかピリリ系のシリアスを誘発しやすい設定が好きなワケです。
まぁ、出るからにはプレイしたいなぁ。クドが嫌いってわけでもないし。
鍵っ子って程でもないけど、そこはほら、ね。

しっかしそれより先にまほよはまだか。魔法使いの夜はまだかっ。
本当TMは開発遅いよなぁ。いろいろメディアミックスしている暇あったら作品仕上げろと言いたい。
まぁそっちのが儲かるんだろうけどさ。

後は……ああ、赤ポリアフタースクール。
あれどうなんでしょうかね?誰かやってません?
やってたら買う価値があるか教えて欲しいのですが……いや、言いたい事はわかるよ。
そんな事やってる暇があるなら書けと。でもホラ、私のは趣味ですからね。別の趣味を阻害するようなら意味ないですからね。




まぁそんな感じで。
新年そうそうぐだぐだですが、今年もよろしく。
では、拍手返信です。


12-26
NF51: セイバーにボロクソやられていたあの士郎がこんなに強く……!(ホロリ)

 と、草葉の陰で泣いているかどうかはともかく。
 イマイチ空気を読みきれない不器用な慰め方をしてますな。そこが士郎クオリティか。

 離れた場所から見ていて強く見えないというのは、士郎は常にギリギリで攻撃を避けるとかしてるのかな。
 動きがゆっくりだったりすると傍から見ていて強そうに見えないこととか有るようですが。
 体格差の関係上、背の大きい人は常にどんくさく(動きが遅く)見えるそうですが、その事+ギリギリで攻撃を避けるとかしていたら、観戦する側からすると「遊ばれている」ように見えるでしょうね。
  by ちょっとした考察?

まぁ、今まで戦場を渡り歩いていた男があのくらいの子供のあしらい方に長けているのもどうなんだ、と思ってしまったので。

強く見えないってのは、私も武道を修めているわけではないので所詮想像に過ぎないわけですが、分かり易く言うとバッターボックスに入ると球が速く見える理論。
外野から見ているだけでは実感できない生の空気ってのもありますね。
チャンスボールを前に力んでしまうというのも大きい。士郎の戦法は隙を誘うものなので、「ここで攻めなければ!」と思ってしまう事が緊張となっている。
それさえも士郎の策の内であり、要するに実力以上が出せないわけであります。
隙だと思って攻撃したら、それはあっさり防がれて、を繰り返すうちに自分の判断が信じられなくなりどこを攻撃しても防がれるような錯覚に陥る。
結局最終的な答えは、愛衣の台詞から考えてもらうと嬉しいですね。
ま、修行の時は逆に実力以上が出せるように誘導したりもするんですが……今回は勝負でしたから。
実際、作中でも述べている通り、技量の介入しない単純な力比べの勝負ならコタにも勝機はあるんですが、総合力という面ではまだまだ小太郎では遠く及ばない相手だったという事で。
ちなみに、士郎の攻撃手段全てを理解すれば、魔法世界編の小太郎で十分勝てるという設定だったりします。


NF51:最新話のリンクがいつもと違います。 by 檻
修正しました、が……どっちの方が使い易いですかね?
今のように現行ページからリンクへ飛ぶのと。
新しくタブなりウインドウなり開くタイプと。
私は今のが使い易かったのでこっちにしてましたが、世間的には新しくタブを開く方が主流なような。
どう思います?


12-27
NF51:こちらの世界に「英霊」は存在しますか?
もしあるのならネギの持っている杖がナギの宝具で、ソレを投影して使いこなす、なんてことはできたりしませんか?
当代最強の英雄の宝具、なんてかなりの戦力になると思うのですがいかがでしょう。 by 檻

サーヴァントに召喚され得るという意味でなら、存在しないという設定で書いてます。
ただ、アラヤ的な意味合いでなら、ナギは英雄としての役割を果たした個体だったという事になるでしょう。
インスタントにその時代の人間を使う手法で、掃除屋としての英霊は存在しないという設定で書いてます。ネギま世界においてはね。
その理由としては、型月世界では魔術とは既に衰退している技術であり、かつて全盛を迎えた時代が確かに存在していた。
けれどネギま世界の魔法は技術として研究され日々進歩を続けている。
故にわざわざ過去の強大な存在を用いなくても、現代に英雄と成り得る力を持つ存在が居る為そういったシステムが必要ないと世界が判断した。
まあ、こういった考えは独自解釈ですし無理やりに過ぎる暴論である事は理解していますが、裏事情を話すのならばこんな感じです。
そしてネギの持つ杖が宝具だったとして……杖だしなぁ。
剣であるのなら使いこなすことも可能かもしれませんが……効果としての特殊性が今のところ確認されていない。
魔法使いへのブーストという効果が多少なりとあるのかもしれませんが、どうしても他のアーティファクトの方が使い勝手良さそうに見えますね。
仮に将来時を経た場合に強力な概念を有する宝具へと至ったとしても、現時点では上物の杖というだけですから。
魔法使いが使ってナンボのモンじゃないかなと。
刃もついていないし、UBWに登録されるようなモノでもないでしょう。


12-29
NF51:真名は何故士郎が弓使いだと知っているのでしょう?
京都で二度弓を射った際も、第23話で明石が言った通り「どうやって」狙撃したかは見せていないのでは? by 檻

情報は超経由です。超はあの決戦の戦いを、ネギたちそっちのけで士郎マークで撮影していたので、最終的にどのようにフェイトに記憶を消されたかまで知っています。
という裏設定もちょこちょこ仄めかすつもりでしたが……どうしようかな。他に書きたいところはいくらでもあるんだよね。


12-31
NF13:流石にコレは堪忍袋の尾が切れた。
緒 が正しいです by 檻

遅くなりましたが修正完了です。


mokuji:第44話
魔術使いとしても広大は攻撃範囲を持ち、
広大な ではないかと。 by 檻

しかし誤字が多いな……すいません、修正完了です。


mokuji:第47話
超には覚悟あるのだろう。
が が抜けています。 by 檻

修正完了です。


1-1
mokuji:あけましておめでとうございます
おめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね。


NF51:どうも、あけましておめでとうございます。
何かとお忙しいかとは思いますが、これからも応援しているので頑張ってください。
今年も楽しみにしています。

ひねりの無いあいさつで申し訳ない。 by 志堂

いえ、こちらこそよろしくお願いします。
昨年はずっとお世話になりっぱなしでしたから、少しでも作品で恩返しできるよう頑張ります。


1-3
mokuji:第47話
記憶がない事について礼を述べられた挙句、
記憶がなくなって礼を言うのはおかしくないですか?
謝罪した が適切かと。 by 檻

うーんと、どの部分を指しているのかイマイチ分かりませんでした。
47話、ですよね? 本当に申し訳ありませんが、細かい部分を指摘して頂けないでしょうか。


めっちゃ面白いです!!更新頑張ってください!
ありがとうございます。人生コケ無い程度に頑張ります。







実家に帰省して書きまくるぞー! とか思ってたら、店の手伝いで全く進まなかったという罠。働くって大変だよね(拍手)
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
« | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。