Twitter

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
153位
アクセスランキングを見る>>

屈折領域・裏鏡


一次・二次創作を扱っています。現在ネギま!×Fate「夢破れし英雄」連載中。

TOP > スポンサー広告 > 雑記19TOP > 雑記 > 雑記19

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記19


気がつけば、もう50万HIT越えてたんですね。
引っ越し前が確か350万ぐらいだったから、50万ぐらいで拍手入れ替えようかと思ってたんですが、すっかり忘れてました。
という事で、少し遅いですが軽く拍手を入れ替えます。
と言っても、今回は二つだけなのですが。すみません、そろそろネタもないんですよねー。
余生の方ならいくらでも出せる事は出せるのですが。前にとある人に贈った過去話とかもあるし。
拍手のローテーションの関係もあり、今回は2つだけです。根気よく押していけば二つ目は読めると思います。
ま、大した事はないですが。
では、拍手返信の下の方からどうぞ。



11-17
お疲れ様です。今回も楽しませていただきました。
風邪ですか。うちの高校でも爆発的にはやっており危うく休校になるところでした。今年の風邪はたちが悪いとききます。ご自愛してください。 by jaky

宮大はまだマシなんですけど……同学年にインフル出たので気をつけねばと思っているところです。
今の時期風邪で寝込むと最悪ですからね。執筆関係もそうですが、やっぱり就活関連で。


お待ちしておりました~!
長期休み明けだと話のテンションが変わったりする事がありますが、その心配は無かったようですね。
タイトルの不信とは、誰から誰に対するものなのか。ネギ⇒士郎か、アキラ⇒士郎か。色々と有りそうですが。
あと、タカミチの練習相手になってしまった悪魔さん達はお気の毒でしたってところですかね?

あと全然関係ないけれど、本誌連載を見ていると、朝倉の着ているパーティードレスが海老の尻尾みたいに見えてきて笑いそうになります。 by ちょっとした考察?

まぁ、一応コツコツ書いてはいたんですよ。3回程全直ししましたけど。
そりゃ、かつてより遥かに一日に取れる執筆時間が短くなっているのは事実ですが、毎日書いている事に変わりはなかったので。
テンションとかそういうのは、あんまり変わっていないと思います。一人称から三人称へ、また戻してしまいましたけど。

というか、本当はあと倍ぐらいあるはずだったんですよね。本当はネギVSヘルマンもちゃんと書くつもりだったし、タカミチVS残りの二体もちゃんと書くつもりだったし。
その後のアキラとの会話とか、小太郎の話とか、その辺まで全部この48話にまとめるつもりでした。
だからちょっとタイトルはヘンな感じになってるかな。次に回した方が良かったかも。
ただ、あんまり長くし過ぎるのもどうかと思ったので……ぶっちゃけ、タカミチの魔術関連の考察の行き詰まり、結局ほとんど出さずに曖昧なまま終わらせてしまったので、これ以上待たせるぐらいなら、と区切った感はあります。
実はあと3k分ぐらいは既に書いているので。プロットもあるし、そこまで面倒な部分もないだろうし、次はそんなに時間掛からない……とは約束できないですけど。
まぁ、月に一回ぐらいは更新したいです。ちゃんとSSを。


おお、更新されている。
どうやら色々とお忙しかったようですが、なにはともあれお久しぶりです。
では早速感想を。

居合い拳に関しては、確かにそういった側面もあるかもしれませんが、基本的には『拳速を魔力で極限まで高め、常人には全く目に見えない速度でパンチを放つ』という、威力重視の技法ではないでしょうか。
豪殺居合い拳なんかは正しく威力重視。
恐らく、間近でナギやラカンの様な圧倒的な力や破壊力を持つ人たちと過ごしたため、自分もこうなりたいと必死に足掻いて習得したのが、彼らのように高威力の技だったのではないかと思います。
そのおかげか、今ではかつてのガトウすら上回る威力であるようですし。
手数や運用法ではまだガトウの方が上であるとは思いますが。

手袋、もしポケットに入れたら引っかかったりしてズタズタですね。
呪文はドイツ語かな?型月ではポピュラーな詠唱言語ですね。
まぁ、例え文法的におかしかろうと原作からして崩壊しているので、どうせならもうちょっと、始動キーの様なものであった方が良かったかなと思います。
なんだかんだでタカミチは劣等感に苛まれているでしょうから、それはもう嬉々として考えそうですしね。
ネギまの詠唱で型月の魔術を使うと、正しくクロスしているなと思えそうなので。

そういえば、タカミチって魔術を習い始めてからどれくらいになるんでしょうか?
もし別荘での時間を含めて一年以下なら、型月でいう死徒に位置するであろう悪魔にこうも効果的なダメージを与えられているのは、相当な成長速度であるような。
やはり物理的なものでなく、概念的な要素によるものが強かったのでしょうか。

「君たち人間にとってはな」
これはつまり、もはや自分が人の枠を超えているという事なのか。なんか深いです。

後これは誤字ではないですが、「一刀」という表現になんだか違和感が。
一本、一振りなどの方が良いかなと思います。
一瞬、恋姫の彼が思い浮かびましたw

久々なので長くなっちゃいましたね。
それでは、また次回を楽しみにしています。 by 志堂

居合い拳に関しまして。
威力の事については、今更書き連ねる事でもないかなと思いまして。
というか、『拳速を魔力で極限まで高め、常人には全く目に見えない速度でパンチを放つ』なら、何もポケットを鞘に見立てて居合い拳なんかにする必要ないはずなんです。
刀の鞘の形状ならともかく、ポケットを利用する以上、力学的にベクトルの進行上居合い拳は威力的に減衰するしかない。
それでも速いと感じるのは作中で述べた点と、志堂さんが仰るように魔力で拳速を高めているから。
なら、高威力を実現しているはずの魔力強化を、ただ純粋に技法など関係なく、或いはヘルマンの悪魔パンチの延長線上にあるような使い方をしたらどうなのか。
「ただのパンチ」の方が、威力があるんじゃないのか。もちろん居合い拳の方が、知恵のある人間魔族にとっては捌きにくいものかもしれませんが。
というのが私の見解です。
付け加えると、ガトウは豪殺・居合い拳においてさえ初動を完全に悟らせなかったんじゃないかと考えています。
原作のタカミチが、威力においてはかつてのガトウを超えていたとしても、まだ技術力的には及んでいないのではないだろうかと。
まぁ、ソースは麻帆良武道会でアルが使った時のシーンからのみなので、何とも言えませんが。

そして呪文関係。
48話で一番書き直した個所です。ドイツ語なのは、私が大学で第二外国語をドイツ語で選択したから。まぁ全てはこの時の為だったのですが、二年前の事なんてすっかり忘れてる罠。
で、魔術の内容に関しては、色々アイデアを思考錯誤していたのですが……型月らしい詠唱でネギまの魔法を使うか、ネギまらしい詠唱で型月らしい魔術を使うか。その辺がクロスの醍醐味とは言え、どこまでやっていいのか、型月系は難しくて。
ま、結局無難に型月っぽい感じで終わらせたんですけど。まだタカミチは発展途上なので、詠唱は変わっていくかもしれません。
呪文詠唱も、確かにもっとそれっぽいの用意したかったのですが、タカミチの戦闘スタイルを考えると長くて高威力よりも、詠唱時間の短縮を優先した方がいいかと考えまして。
理想は鮮花の詠唱ですが、まんまパクるのもどうかな、と。

タカミチは魔術を習い始めてから、大体二年ぐらいを想定してます。
タカミチは比較的学園を離れる事が多い人間ですが、休暇はほぼエヴァの別荘頼り、普通の教師の仕事が終わった後の深夜もエヴァの別荘に突撃していたりしたので、かなり長い事やってます。
一日休暇があれば、それはそのまま24日間まで膨れ上がりますからね。更に本来使われるはずの睡眠時間も使うと、一週間が大体2か月換算。
で、作中5か月ぐらい経過していますから、単純計算だと二年なんてものじゃないのですが。前述の通り、タカミチは学園を離れる事がおおいのでそこまではできてません。
だから二年分ぐらい。しかし、そこまでやると流石に老けこんだのが見えるのではないか、という疑問もあるのですが、その辺はご都合主義で誤魔化しています。
つまり、憧れだった魔法(魔術)を使えるようになって、精神的にも充実していることから、若々しく見えている、と。……苦しいかな。

タカミチの魔術が魔族にダメージを与えられた理由ですが、内側からの攻撃だった、というのが大きいです。
私の考えだと、ネギまの魔法使いというのは魔力障壁しかり、外部からの物理・魔法手段において非常に堅固な守りを持っています。
が、反面エヴァンジェリンが簡単に(いくら相手がナギだったとはいえ)呪いを受けているように、条件さえ整えてしまえば内部に干渉する類のものの方が効くのではないだろうかと。
幻術系もしかりですね。具体性のない、あやふやなものに弱そうだと。
それで、タカミチには意識的に防御しずらい、体の内からの攻撃に徹してもらう事にしました。
障壁は拳で無理やりこじ開け、後は中からドカン! と。
まあ、ああも上手くいったのはそれだけでなく、タカミチの魔術の炎というのはかなり異質で、木だろうが紙だろうが金属だろうが非燃物だろうが、容赦なく一定のスピードで燃焼現象を起こす、という特質があるなんて裏設定もあるのですが。
その分燃えるスピードは焚き火よりも遅く、マトモに使ったら対して使える魔術でもないのですが。

一刀についてはすみません。別の表現も探してみる事にします。
私は恋姫やってないんでそっちの思考はなかったですねー。

しかし、これだけ長く書いてしまうと、いかに作中で語ってないかが分かってしまう……。
気をつけます。


48話読みました。続きも楽しみにしています。 by 名無しさん
うっす。続きはできるだけ早くお届けできるよう頑張りますね。


11-18
先程の拍手で書き忘れていたのですが、布って投影できましたっけ?
たとえできても中身のないスカスカなものしか出来ないと思うんですが。
まぁ、中身がない布って何だ?という疑問はさて置いて。
とりあえず形だけでも身を隠すものを、という意味で中身のない布を投影して渡したのでしょうか?

聖骸布を投影して使いこなすSSを見てきたので、少し神経質になってしまったかもしれません。
気に障ったようでしたら申し訳ない。 by 志堂

リールが投影できるなら布くらい、非戦闘時なら……なんて思ってしまいました。
まぁ、出典はアニメ版フェイトの最終話、イリヤ用に投影した布です。その辺をイメージしました。
……というか、夢破れしの中でも一度聖骸布を投影するってのやっちゃってるんでこれぐらいは許容範囲かな、と思ってしまったんですけど。ま、使いこなしたりはできませんけどね、聖骸布。
加えて、更新の直前まではこの部分布を投影するのではなく上着を貸し与えるようになっていたのですが、この季節(初夏あたり)で貸せる上着なんてあるか? という事に思い至りあんな感じに。


初めまして、ラクです。
このssを最近知ったのですが、
士郎の設定や他キャラとの関係が非常に好みのもので、とても面白いです。

今回の話で疑問に思ったのですが
「二つ目の条件とは、茶々丸用の刀を鍛える事だ。刹那の為の刀を鍛える為、士郎は彼女に別荘の貸し出しを要求していた。タカミチにも内密に。
 その時エヴァンジェリンは二つ条件を出しており、特にこの二つ目の条件は士郎にとって負荷となるもの、できれば避けたい事柄だった。」
の書かれている条件は「茶々丸に刀を作る事」でいいんですよね?
人によると思いますがこの条件が「茶々丸の刀を作るときの二つの条件」のように読めるため、もう少し読みやすい(分かり易い?)文にしていただけるとありがたいです。

また全体を通したとき問題ないのですが、
一部ややクドイ表現が見られます。

私的に期待している作品でもありますので
完結を目指してがんばってください。 by ラク

初めまして、ラクさん。
ご指摘の部分、加筆修正しておきました。
クドイ表現は私の癖みたいなもので……回数させ減らせば丁度いいとは思うんですけどね。こう、数話に一回ぐらいなら。
むぅ、精進ですな。


11-19
タカミチは広域への攻撃力は下がったけどタイマンでの攻撃力は上がった感じですね。しかしエゲツねぇ魔術だ…当たれば即燃え散らして滅殺とか凶悪さ加減で言えば間違いなく改良型の方ですねコレ。いや個人的にメッチャ好きですこの魔術。 by 朝鼬
まぁ、まさしく必殺技、というか。
しかしながら実際は、当たればの前段階で、体の内部から攻撃しなければならないので完全に対魔族などの不死性を持つ相手にしか使えません。
というか、体に穴あけた時点で人間相手なら勝負付いてますからねぇ。かといって、そのままだと人間だろうが魔族だろうが効かない事に変わりはない、と。
タカミチなりに有効打を与える為に考えた結果が内部からの攻撃ですので、今のところ大して使える魔術ってわけでもありません。使いどころが限定されすぎるので。
ちなみにタカミチのグローブは士郎が色々と手を入れた品ですが、刃のように鋭い鱗のようなものは、士郎が手を入れたからです。
そしてその鱗は突き抉る分にはいいのですが、抜こうとすると引っかかってしまうんですね。つまり、一度貫通させてしまったら、多少燃やさないと抜け難いっていう極悪な武器だったりします。
まぁ、力で無理やり抜けない事もないのですが。


11-20
宝石剣の暴走による転移はまあ、多少無茶だけど構わないと思いますけどね。
一応、凛が通常に起動させた状態で平行世界間での魔力の移動は可能なんだから、暴走状態ならもっと大きい穴を開いてしまう可能性もあるのではないかと。

共鳴だとか対消滅だとか、まぁ色々理由は用意したものの……拡大解釈が過ぎるのも事実。
一応宝石剣単体での世界移動は公式で否定されてますからね。受け入れられないっていう人が多い以上は、こちらも考慮すべきではあるんでしょう。





10連続プッシュで二つ目があります(拍手)

まぁ、ホントは3つあればこんな事しないで済んだのですが。
でも3つ書いたらNO.10にオマケを書きたくなるのが私ですから、今回は自重という事で。時間もないし。
別に10回押して下さいというわけではありませんので。
……どちらかと言うと、10回目の二つ目は、あんまり完成度が高くない、30分ぐらいでテキトーに書いたヤツなんで見ないで欲しいくらいです。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
« | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。