Twitter

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
191位
アクセスランキングを見る>>

屈折領域・裏鏡


一次・二次創作を扱っています。現在ネギま!×Fate「夢破れし英雄」連載中。

TOP > スポンサー広告 > 雑記78TOP > 雑記 > 雑記78

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記78


早めに更新するとか言って音沙汰なくてごめんなさい。
正直修羅場ってます。今更データ取り直しとかもうね。
全科目中最難易度の試験も控えてるっつーのに。欝だ……。

と、気分転換にこの雑記を更新する事にします。
実のところ77話は空き時間に完成させてはいるのですが、まだ穴があるというか弄る予定もあるので。
もうしばしお待ちください。
加えて、出来るなら木乃香と刹那と士郎の話も番外編として書くつもりなので、出来ればそっちも完成させてから77話更新したいなぁとか。
最近展開が駆け足過ぎて説明不足なところもあるので、余裕をもって書きたいところ。
ただ、弄るにももう空き時間とか作れそうな気配がないので、次は金曜日の夜以降になるでしょう。ごめん。


1/27
12:09 zakki77: 先日の中位魔法云々の事ですが、すみません、肝心の話数を書くのを忘れました。
 73話にあります。
 …しかも作中の表記は中位「魔法」ではなく、中位「呪文」でした。
 重ねて申し訳ありません。 by みゃあ4号

いえいえ。むしろわざわざありがとうございます。ちゃんと修正した、はず。


20:22 zakki77:バゼットさん半端無かったですよ。
ダメットさん(笑)の面影なんて微塵も無い。というか日常生活さえ抜きにすれば本当に優秀な方ですよね。何このチート生物。 by 檻

来ない来ないと思っていたら注文したつもりで予約できてなかったというオチ。
結局楽天のポイント使って買ったんで届くのいつになるかなー。
まぁバゼットは魔術師の癖に英霊倒せる可能性あるんだからそりゃあ化物だよねって。


1/28
21:22 NF76:士郎最高ですね!
最近つくづく思うんですが、ここまで士郎らしさを出す作品少ないですね。
超や木乃香、学園の思惑も混ざって進む学園編・・・
次回の更新が楽しみです! by 某殺人貴

次回は早めに頑張ります。流石に今回説明不足が否めないので。


21:42 NF76: 今回の読んでいてふと思いついた、士郎のアーティファクト剣鱗の鎧とかどうだろう?
 潜在能力の発現という形ならありなような気がする。

それは私は三ヶ月くらい前に考えていた案だなぁ。
現在は第三案になってます。まぁ、それはそれでいいのだけれど、物語との兼ね合いがね。
やっぱりどうせ使うならあっと驚く感じにしたいし。


22:07 NF76:76話の「月詠」が「月読」になってます。
修正しました。ついでに辞書登録も。


23:06 NF76:夜は空け、
明け かと。 by 檻
23:10 NF76:大盤振る舞いだと関心するのも
感心 です。 by 檻

修正しました。


23:35 NF76:>>アキラ「あれ? 動乱編って私のターンじゃないの?」
>>木乃香「もうウチがメインヒロインでええんとちゃう?」
>>超「……次話はワタシがヒロインネ!」

成程、ヒロイン≒最大の障害 か、なんか納得w

久しぶりの感想でした。

消去がどういった意味を持つのか楽しみです。 by ヒーヌ

ヒロインがラスボスになるのは型月の伝統。
まぁ桜とか桜とか桜とか(琥珀・アルク・秋葉etc)というのは置いておいて。
まぁ超は真面目にヒロインになってもいいと思うんだよね。あーゆー奴って放っておけないよ、士郎なら。
消去は……うん、言葉選びミスった気もするんだけど、これ以外に思い浮かばなかったんだ……。


01:53 NF76:お早い更新、ありがとうございます
テストで0点とりそうなのでもう開き直ってこことか来れます

木乃香がストッパーってのがいまいちつかめきれません
刹那でさえ足りえなかったのですから
まあ、刹那が答えを出した後だったから仕方ないっちゃ仕方無いんでしょうけど
今後のネタバレにならなければ少し解説してもらえないでしょうか・・・
狼と香辛料で男女の機微には慣れたと思ってたんですがね


士郎の消去というのは跳躍弾を使ったその時間軸上からの消去、ってもんじゃないんでしょうね・・・ by tk

うーん、確かに説明不足でした。
実際木乃香がストッパーになれたかどうか、というのはまだ明かされてないんですねー。
刹那は割と最初から諦めてるっていうか、あんまり引き留めようとか思ってないんですよ。認めて貰えればそれでいい。
その点木乃香は、もうここで逃したら一生逢えなくなりそうだと直感したので全力で引き留めにかかってる……んだけど。
今回の士郎のアレは、昔を思い出した感傷であり、木乃香個人に対する思い入れがそうさせたわけじゃない。
その過去話ってのを番外編でやろうと思っていたわけです。
後、木乃香と士郎がどんな会話の末に、どんな結論を下したのか、という辺りを。
頭の中にはあるんですが、後々の事を考えたらいっそ明かさない、謎にした方が予想がつかずに面白いような気もしてきて。
まぁその辺り、実際木乃香が士郎に対してどういうスタンスを取る事にしたのか、予想してみて下さい。


02:56 NF76:>事情の説明に、そう時間は掛からない。アキラが知る事はそう多くなかったし、エヴァンジェリンもそれを補足した。

「多くない」ではなく「少なくない」でないと前後との整合性がとれないように感じられます。

んー、確かに表現が悪いというか、説明が足りないですね。修正します。


02:56 NF76:えー。最新話よみましたぜー。えーーー。
嘘予告12がなんか成立しちゃうのかYO!  更新お疲れ様です、続きを期待してます。

嘘予告12っていうと……刹那VS月詠だっけかね。
アレは成立すっかなぁ。えーと、フラグ管理は……うーん微妙ですねー。細部書かないと分からない。


12:16 NF76:士郎が刺されたからどうなるのかと思いましたが無事逃走、木乃香をさらった意味がよくわかりませんが。先が楽しみです。最後の未来からの指示も、気になるところです、とくにドラッグして見えるところとか。
次回も楽しみにして待ってます、頑張ってください!

木乃香を攫ったのは治療手段として。彼女のアーティファクトは反則級なので、こういう時は便利。
士郎は治療さえ済めばすぐに木乃香を開放するつもりでしたが……。
ドラッグすると見えるアレはその存在さえ覚えていれば春頃幸せになれる予定。多分。


14:45 NF76:近衛のセリフ「.....さかい、ここにいて。」ですがここまで関西弁なら「いて」よりも「おって」では? by 利剣乱舞
それは私もそう思ったんだけど、「ここにおって」よりも、「ここにいて」の方が可愛くない?
いや……でも待てよ? なんか「おって」の方が可愛いかもとか思えてきた。
うーん……ああでも、えーと……何か混乱するなぁ。……まぁいいや。やっぱり修正します。


14:59 NF76:ツイッターのコメ見てから全て反転させてみたけど反転部分なしでも十分士郎には見せられませんね。というか携帯では反転がないので初め見られませんでしたが
士郎が微温くなったかどうかはともかくとして超のほうが目的に対し冷酷なのが印象に残りますね。士郎も協力者なのに何ともまぁ信頼されてないことで。 by 利剣乱舞

そうっすね。つーか、どちらにしても見せられないのは変わらない。
まぁ、超に関して言えば、別に好きで冷酷になっているわけでもないのですが。
これに関しちゃオリジナル設定出すからどうにも……反応が怖いところではある。
けれど、普通に考えたら、衛宮士郎なんて異物が入ってくれば未来も変わるわけで。
未来の超が、どんな気持ちであの報告をしたのか。
それを受け取った超が、どんな気持ちで士郎に対するのか。
次話でその辺りまで書き込めるといいんですが。


1/31
16:35 NFo4:強大な魔力は引き継いでいるがな」
受け継いで では? by 檻

修正完了です。




こっからマガジン発売日以降。















2/2
12:27 zakki77:今週から先週はフェイトのネギライバル視と人間臭くなったのがいまいちしっくりこないなぁ。
今までの積み重ねでこういう展開になったというより「テンプレだから」って理由が強く働いてる気がする。

んー、テンプレだから、という理由が必ずしも悪いとは言わないけどね。
テンプレっていうのは、結局のところ過去にそういうのが求められてきた、それが自然な流れだとある程度の支持を得る事が出来たって事なんだから。
ただ、私も書いてて思うんですけど、テンプレを機能させるのってかなり難しい。
つまり、テンプレだから、という理由が通る範囲がって意味でね。
テンプレだから、というのはつまり語られていない部分も読者が当然こうだよな、と思ってくれて成立するものです。
読者の想像力を利用するわけで、だからこそ逆にその裏をかくことも出来る。
この極地はハンターハンターだと思っていますが、まぁそれは余談として。
説明、描写を省き過ぎると何でそうなったのかが読者に伝わらなくなる。これは致命的です。
まぁ、後付けというか先に結果を見せておいて後から解説するってパターンはあるので週刊連載のその号だけで判断するべきではないですが。

ただ、こうしてごちゃごちゃ語ってはいるものの、人間臭さとネギへのライバル視は個人的にそんなに違和感はなかった。
どちらかと言えば、明日菜が攫われる前のお茶会の方が余程違和感酷かったです。ネギもフェイトも。
でも、人間臭くなるのは分かるんだけど、その方向性が何故そうなったのかちょっと分からないかな。
結局なんでわざわざネギの仲間を助けてやったのか分からないし。
仲間が死んでたらネギが本気出せないだろうから、とかそんな理由ならフェミニストも過ぎるというかもう勝つ気ないだろ、と。
まぁ、もやもや感があるのは事実。描かれている人物に感情がないというか……人形劇をわざわざ漫画で書いているような。
この違和感の正体をちゃんと言葉に出来るようにならないといけないんですけどね。難しい。










結局今日というか昨日は帰ってないんだけれども卒論終わってないという(拍手)
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
« | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。